Fireworksにはスライスレイヤーに色をつけられる

 

先日はFireworks以外のツールでのスライスを書きましたが、いかがだったでしょうか。「この背徳者!」と言われず、内心ホッとしております。

さて、今日はFireworksにしかできないところで地味なスライス機能を紹介します。

FireworksユーザーのためのPhotoshopとIllustratorのスライスまとめ

 

Fireworksをよく使う僕が、最近PhotoshopやIllustratorのデータをもらってコーディングだけすることが増えてきました。それぞれのツールでやる機会があったので、躓きそうなところまとめてみました。

最近はPhotoshopでGeneratorを使って書き出せるようにもなっているのですが、スライスは基本的なところではあるので抑えておきたいですね。

Fireworksで点線を作るまとめ 第2版

 

Fireworksの開発が終了というニュースを聞きつけて、朝からびっくりしているところです。このまま使い続けるか、機能を代替できるものに移行するか、ブラウザベースで作っていくのかよく考えて進めていきたいですね。

さて、以前Fireworksで点線の囲みを作るまとめを載せてみましたが、Illustratorとの連携部分を加えて点線を作る方法を改めて紹介します。

Fireworksでモックの変更に便利なシングルレイヤー編集

 

Fireworks Advent Calendar 6日目の今日はちょっとしたTipsを書かせてもいます。

モックを作ってスライスまでしたのに、文言追加や写真の差し替えでオブジェクトの選択をしようとしたのに、違うものまで選択してしまったということがあるかと思います。

そこで便利なのがシングルレイヤー編集です。

IllustratorからFireworksに狙い通りの幅でペーストする

【追記】くっきーさんがサイズずれをなくしてペーストするコマンドを開発してくださいました!(2012/10/25 20:40)

IllutratorからFireworksにテキストをコピペする機会も増えてきたので、それをぴったり合わせる方法も合わせて書いておきます。

| 1/8ページ | >>