ブログのメリット

今日はブログの話をします。ブログを書いたことありますか? ブログって言葉がテレビでよく出ていますけれど、簡単に言ってしまえばWeb上の簡単な日記です。私もネタに取り上げるぐらいなので、もちろんブログを書いています。主にWebの話、もっと詰めるとSEOのことだったり、海外のデザインのサイトを紹介したりしています。

今日言いたいことはただ一つ、ブログを書きましょうということです。

なんでそんなことを今更なんて思うかもしれませんが、自分の体験からブログでよかったことを2〜3紹介していきます。

ブログを続けている理由は主に3つ。

  • (1)自分の考えをアウトプットを前提でまとめるので、非常にまとまりやすい
  • (2)自分で情報を投げると、他の人から情報が得られるときがある
  • (3)CSSの学習教材に最高

自分の考えをアウトプットを前提でまとめるので、非常にまとまりやすい

ブログというものは、ご存知の通り不特定の人に見られるので、ある程度話題をまとめないとダラダラとしたブログになります。(これを良しとする人もいますが、一見さんにとってはとっつきづらいので、極力まとめるようにしています。)

まとめるようにしているものの、実際に書いたものを読み返すと、読みづらかったり、話の詰めが甘かったりします。そう思うと、書き直したり、修正して自分が納得できるレベルまで達すると、そこそこまとまったものになっていくので、自然とまとまっていきます。このような意味で、考える道具としてよく使っていて、今日の朝礼のネタもブログで書きながら、この作業をして、ちょっとまとめてます。

自分で情報を投げると、他の人から情報が得られるときがある

私は生活観が出ているブログを書いていますが、よくWebデザインについてのことを書いています。たとえば、この情報はおもしろい・役に立つと思ったらブログに書いて紹介したり、この道具は使いづらいなんてこともよく書きます。ここまでだったら、チラシの裏にでも書いてしまえばいいようなことになりかねないのですが、ブログであることの大きなメリットはここじゃないかと個人的には思っているところです。

たとえば、読んでいて面白いブログを記事として公開したら、紹介先のブロガーから個人的なコメントをもらうこともありました。そのときは普通に喜んでしまいましたが、こんなことがネットではよくあります。会社でSEOで狙っているキーワードがあって、その検索順位でトップから大転落したという話を書いたときも「実はうちも同じようなことが起こっています」といったことをコメントしてくれたこともあります。

ネットワークがなければコメントがつかない机にしまっておいている日記帳のようなもので、投げた情報について多少なりとも情報が得られるというのがブログの楽しいところじゃないかと思っています。

CSSの学習教材に最高

3つめはデザイナーだったら是非挑戦してほしいことではあります。CSSというのはWebのデザインを設定するためのファイルとイメージしてもらえばわかりやすいのですが、これで検索エンジンの最適化を施せる一つの方法として注目されてます(沙汰されてる部分もありますが)。ブログのほとんどがCSSでデザインされているものですので、デザイナの好きなように装飾することが比較的簡単にできるようになります。

実際に僕がCSSの力をつけた場所はどこかといえば、ブログのデザインが飽きたらそのたびにデザインチェンジを繰り返していたからです。早いときで片手間で1ヶ月くらいで飽きて別のデザインにしていって、ブログを作って会社に入るまでの1年半で5〜6回ぐらいデザインを変えています。それぐらいの頻度でいろいろなレイアウトに挑戦していけば、必ずCSSでも飯の食べていけるデザイナになれると思います。

というわけで、デザイナではない人には2つのメリット、デザイナの人には主に3つのメリットを紹介してみました。もし、興味を持ったなら、そこら中で無料のブログサービスがあるので、是非始めてください。ネタは趣味でも仕事の話でもなんでもアリだと思います。年の初めですので、毎日更新してみるというのも面白いかと思います。

っていうのは、実は今日の朝礼のネタであったりします。

トラックバックを送信する際に気にしていること

って、別に僕自身はトラックバックするわけではないですけど。最近僕のブログにいろいろとトラックバックがやってきて、記事と関係ありそうだから、まぁいいかで済ませてます。

今日はそんなトラックバックのお話です。このネタを思いついたのは某後輩のブログのコメント見てなんですけど、今日は「僕が」トラックバックをするときに注意していることを書いていきます。(某後輩のブログにリンクを貼っても晒す形になるので、リンクはやめときます)

1.記事を参照していること

参照したというのを示すためにトラックバックを使うので、これは当たり前と言えば当たり前です。ちょっと関連があるからトラックバックしてみようというのは若干スパムに近いものだと思ってます。なので、関連があるというだけではトラックバックを送信していません。宣伝みたいで嫌なんです。

2.自分の意見や見解・感想をもっていること

記事を書く際に気をつけていることではありますけれど、トラックバック先のブログの読者にだいぶ有益になりそうかを書かなければ自分のブログの内容の薄さをアピールしちゃうことになります。(有益かどうか判断するのは結局読者ではありますが。)一言程度の感想しか書かない場合にはトラックバックはしてません。とくにニュースに関しては完全なリンクだけです。

その他

このほかにもお礼の為のトラックバックは打たないとか、一般的に考えられているマナー(?)みたいなのに合わせています。

結局のところは自分のブログを読んでくれている方や、トラックバック先のブログの運営者、トラックバック先の読者の方に有効であると自信が持てる場合に僕はトラックバックを利用します。

あ、コレはあくまで僕が送る場合です。読者のあなたから送られてきた場合は宣伝目的以外では削除するつもりはありませんので安心してトラックバックをください。

コミュニケーション目的のトラックバック

ちなみに、これを敢えて破る場合があります。本当にコミュニケーション目的の場合です。例えば「こんな占いやってみた。こういう判定だった」みたいな記事に他のブログが「ここのサイトを見て占いやってみたらこんな判定だった」みたいな。これらの場合は有益かどうかで判断するんじゃなく、ただ、つながるだけで十分おもしろいなと感じます。

「読みやすさ」を考え直してみたくなりました

MovableType(以下、MT)を使って某メルマガのサイト構築。これが結構おもしろいものです。

MTはJUGEMを利用する前にちょっと使ったことがあって、重くてスグにやめてしまったわけですけど、静的にHTMLを生成してくれるのが一番の魅力です。

カスタマイズの度に思うのが読みやすさ。日本語としての読みやすさではなく、レイアウトとしての読みやすさです。(ちょっと言葉が見あたねぇ)

文字の大きさはともかくとして、行間の大きさ、文字の色、制作側としてけっこう気に出したら止まりません。

先日は文字の色のことで結構友人と議論してました。白背景の黒文字だとコントラストが強すぎて、逆に読みづらくなるとか、無彩色の中でデフォルトのリンク色(#0000ff)がやけに浮いて見えるとか、読むためにはこの浮いたリンク色が読むために目を引きつけてしまわないか、まとめると読むことに専念させるにはどうすればいいかってことでした。 やっぱりこういうのはユーザーテストして調べてみたいね。

WYSIWYG型がブログをダメにする?

ニフティ、「ココログ」にリッチテキストエディター機能など追加(internet watch,2005年4月7日)
シックス・アパート、「TypePad 1.5日本語版」をリリース(internet watch 2005年4月6日)
OCN ブログ人、WYSIWYG 投稿機能やディスク容量を拡張(internet watch,2005年3月31日)

ここ最近立て続けにWYSIWYNG型のエディタをリリースしているブログサービスですが、これどうでしょ?たしかに、初心者の人にはいっそう分かりやすく記事を投稿することが簡単なものになることは目に見えて分かります。しかし、本来の文章構造を完全に無視をして、変なところに文字色を変えたり、文字を大きくしたりすることもまた目に見えてます。

毎日書く癖

ブログのサイドバーを見てみると、8月の記事数が59!?つまり1日に2つの記事は書いていますね。

随分書いたなぁ〜。

アホなことから、真面目なことまで。

ここまでくると習慣になっていることに気が付きます。

どんなことも続けることって大事じゃないかと思うんで続けていますが、9月も書けるだけ書いてやろうと意気込んでます!!

癖さえつければ書けるものですね。

| 1/3ページ | >>