逆転裁判4を買ってしまいました。前作の逆転裁判3から、もう2年半ぶりぐらいの発売だったので、すごく期待してました。(蘇る逆転からだと、もうちょっと短いですが、)久しぶりの新シリーズだったので、発売日に向けて、積極的に情報収集していました。蘇る逆転に出てきた宝月あかねがでてきたり、サイコロックに変わる新しい要素「みぬく」が出てきたり、科学捜査に新しい道具が増えていたり、発売日が待ち遠しかったです。もちろん、公式サイトもチェックしていましたよ。今回は逆転裁判4のお話です。

そんな逆転裁判4のサイトなんですが、この中に「極秘映像」という名前で、主人公のキャラクターが決定していく様子が何分か映し出されています。こんな方法があるんだ〜と思ったので紹介です。

主人公の形が出来上がっていくまでは、けっこう長い間かかっているんだろうなと思っていましたが、「とりあえず主人公の発表用イラスト書いてきて…明日の夕方までに」と、とんでもない締め切りの早さ!そして、翌日に何パターンか書き上げてきています。そして数ヶ月が過ぎて、主人公のイラストが決まっているのですが、いよいよ主人公の服に色を入れる段階の場面です。

まず、最初にいろいろな色相の組み合わせ(見た限り12パターン)のものがホワイトボードに張り出されていきます。そして、あーでもない、こーでもないと消去法みたいな感じで、青が候補から消えて、黒が消えて、緑が消えて・・・という具合に赤が決まっていったようです。そして、赤からトーンを決めていったようです。

会社だとよくあるのですが、締め切りが2週間(しかも、それ一つに8時間かけられない)でサイト1個を作るとなると、なるべく決めうちかそれに近い色で、最終的にその色で押し通すことが多いです。たまには締め切りに余裕を持って、このような配色方法でやっていけたらと思いました。

ちょっと今日挙げた例は、色の決め方という普通に過ごしていればなかなか機会というのは、なかなか見つかりませんが、普段から決め打ちでいくのではなく、ほかの方法も探してよりベターな解決方法を探していきましょう。

評価:
---
---
---
()