最近、社内で外部のSEO業者に宣伝してもらって優位性を保つという話があった矢先だったので、妙に面白かったニュース。

Google、「ウェブマスター向けのガイドライン」を更新、SEO目的のリンク売買サイトについて公式に言及

新たに有料リンク(テキストリンク広告。PageRankやSEO目的で販売されているテキスト広告のこと)についての説明ページも新設された。Googleは「サイトのランキングの向上を目的としたリンクの購入は Google のウェブマスター向けのガイドラインに対する違反」と明確に述べている。

ただし、テキストリンク広告も宣伝を目的として利用される限り"通常行われうるウェブ上の経済活動"と判断し、直ちにガイドラインに違反しないとも説明。条件として宣伝目的で設置されるリンクは、rel="nofollow" を加える、robots.txtによって該当ページをインデックスから除外するなど宣伝目的のリンクであることを明示する必要があるとしている。

つまるところは、自然発生的なリンクでgoogleは被リンク数を評価していきたいというところなんでしょうね。これによって、スパムのような誰にもクリックされないようなリンクが消えて、Webのトラフィックが少しでも軽くなってくれればと思います。

ここまで来ると、もはやSEOという意味まで変わってきているような気がします。他のサイトのコピペで作ったようなものを公開しているようなところも、いずれは沙汰されて、オリジナルで、かつ人の役に立つモノ(すごく抽象的だけど)が評価されはじめていくんでしょうな。