Twitthemes

今更ながら、ツイッターの背景つくってみました。先週あたりに» Twitthemesというツイッターのデザインテーマを集めているサイトに完全に触発されて実際に自分でTwitterの背景を作ってみました。今日はTwitterの背景を作るときに少し気をつけたポイントを紹介したいと思います。

背景を簡単に作るポイント

普段こんなに壁紙のように大胆に写真を使うことはありませんので、実際に作ってみてなかなか苦労しました。作る際にはTwitthemesからオシャレと思ったツイッターを見てみました。そして、おお!カッコイイ!と思ったテーマの共通点もまとめてみました。

  • 写真を大きく使っている
  • ツイッターに背景画像800KBの制限があるために、画質を気づかない程度に落としている
  • 1280*1024の解像度を基準としているところが多い
  • 左側にプロフィールを幅250px程度に納めている
  • 背景画像を固定して、基準より大きいディスプレイに対しても背景色で補って、不自然にならないように配慮している

すごくざっくりですけど、こんなところ。実際に画像の容量と品質のバランスは気を遣いました。Fireworksで多少の劣化はあるものの、十分に写真の細かいところを伝えられているという落としどころで最終的に80ぐらいで書き出ししました。

面白い背景の使い方をしているアカウントもあったので紹介します。

» 技術評論社

綺麗なグラデーションです。かと思えば全部がグラデーションという訳ではなく、背景画像の端っこを背景色に合わせて違和感なく背景画像と背景色が溶け込ませています。

» POKEN

背景にQRコードが入っています。まさかQRコードを埋め込むという発想はなかったので、ちょっと面白いなと感じました。

» 熊本テレビ

至って普通の背景です。でもあまり大きい声では言えませんが、背景を単体で見ると・・・・

背景なんてあまり気にしないと思っていたのですが、他の人のを見ると自分のも!って思ってしまいますね。是非自分のTwitterの背景を見直して、カッコよくしてみませんか?

※ちなみに、僕のTwitterアカウントはこちらです。 » Sivacchi