週末はTRICKの映画を見てきました。劇中のトリックもさることながら、エンディングの二人の掛け合いが一番面白かったです。ペイズリー!ブログ強化週間も4日目。

今日はランディングページを作るときに参考にしているサイトと書籍をいくつか紹介します。

デザインのポイント

ランディングページのレイアウトまとめ

デザイナーはもちろん、ワイヤーを引くディレクターの方にも是非読んでもらいたい、ランディングページと言われる基本の型がまとまっています。初めてランディングページを受注をしてしまったら、ここからスタート。基本の型を掴んで、そこから「もっとこうした方が売れるんじゃない?」と議論しながら磨きをかけていくと売れるものができやすいかと思います。

チェックするリスト系

企画面・運用面・制作面とごった煮になってますが、どれも大事なことなので3つとも紹介します。これだけ読んでおけば、ランディングページの提案も格段にしやすくなると思います。

LPO 対策で最も重要な 7 項目

選択肢を狭める・ランディングページ前の広告文言の空気感の違いをなくすなど、制作面のこととデザインのポイントが載っています。デザイナーも一度目を通しておくと、ディレクターとのやりとりがしやすくなります。

LPOのようにCVを上げるためにしていた施策の簡単なまとめ【With-D】

主に企画・運用面についてのポイントです。実制作には直接関わる部分ではありませんが、ディレクターには読んでもらっています。

コンバージョンを意識したページクリエィティブの当たり前10項 - livedoor ディレクターブログ

私の場合はランディングページを作る際、誘導先のフォームは簡素化するために通常のお問い合わせフォームや注文フォームではなく、新しくフォームを作っていることが多いです。そのときに忘れそうなポイントがまとまっています。

ランディングページのデザイン参考リンク集

もはや説明不要ですね。デザインの参考にご利用ください。美容系・食品系な目に見える商品は商品画像やモデルさんが命になりますが、商品が目に見えないサービス、たとえば金融商品やSEO・SEMを商材としたサイトはとても参考になると思います。

ランディングページ集めました。|WEBデザイナーの為のデザイン参考サイト

ジャンルが幅広く。同業をチェックするときにもここからチェックしました。

ランディングページデザインリンク集

美容・健康のジャンルが多めです。女性向けのテイストを作る場合も参考にしています。

胡散臭いデザイン、集めました | コンバージョンに半端なく優れたサイトのリンク集

いわゆる情報商材のトップページのスクリーンショットのリンク集。肉食系アフィリエイター曰く、「こういうものは小綺麗なものよりも、ちょっと胡散臭いほうが売れるんだよ」だそうで、サイトの掲載量は少ないものの参考になります。

ランディングページ作成専門

ランディングページを専門サービス。拡大して詳細を見ることはできませんが、どんなページのランディングページを制作したのかはおおまかに掴むことができます。

ランディングページの参考にした書籍系

これらの書籍はここ2ヶ月ぐらいでガツガツ買っています。他にもありますが、まずはこの4冊。ランディングページはもちろん、通常のキャンペーンの誘導にも使えるものですので会社の棚に常備しておきたいものです。

バカ売れキーワード1000

「売り文句辞典」のような、多くの人が食らいつくキーワードがなんと、1000個も載っています!「息を呑む○○」「○○の奥義」と○○を埋めるだけでキャッチコピーのようになるので、とっさに必要になったキャッチコピーだけど考えてる時間がない…という場面に役に立ちます。買ってからはランディングページ以外のサイト内のキャンペーンのキャッチコピーもコレを見ながら考えるようになりました。

売り上げがドカンとあがる キャッチコピーの作り方

ランディングページはデザインさえ良ければコンバージョンにたどり着くことができるかと言えば、全く違います。キャッチコピーも必要です。そのキャッチコピーの作り方。イメージを湧かしてもらうためのキャッチコピーではなく、お客様に買ってもらうための泥臭いなキャッチコピーの作り方なので、最近は必須アイテムになっています。

大当たりチラシのつくり方―反響が格段に違ってきて売上アップにスグつながる!

チラシの作り方の書籍ですが、「ビジネスマン向けには時代劇のような演出をせよ」とか「女性のお客様には特別扱いしているように演出せよ」とランディングページの制作にも応用が聞く内容が載っていて参考になりました。キャッチコピーの作り方も載っているので、一冊でひととおり抑えるにはこれが一番おすすめです。