ごぶさたしてます。しばっちです。

最近ブログの優先度が低くて、なんとかブログ続けたいな〜と思いつつも仕事でMPが0で…と言い訳してまして。そんなときに見かけてしまったOZPAさんのつぶやき。

New blog post : 拙著「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」がAmazonでも予約できるようになりました!! | @OZPAの表4 http://t.co/fVCcGE4less than a minute ago via OZPA Favorite Retweet Reply

きっと読めば少しはモチベーションがあがるかもしれない!と期待して買ってみました。「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」。

読んでいくと何かが刺激されて、どんどんブログ書きたい欲が溢れてきました。とくに僕が「なるほど!」って思ったのは3章の「ブログを楽しく続けるコツ」。ブログの更新頻度が1ヶ月〜2ヶ月に1回になってしまってる僕には…もう目からうろこで、凝り固まったものが温かくほぐされた感じでした。

しばっちがページの端を折ったところ

「自由に、やりたいように、それがブログ」

ブログって、もっと自由に書いてもいいんですね。いつの間にか「こんな記事書いたら「そんなこと知ってるよ!」とかツッコまれるだろうなー」とか記事を思いついては下書きから消してました;本文中の「このブログには、しっかりと練り込んだ文章以外アップしてはいけない――こんな固定観念を捨て去るには時間がかかりました」え〜…まさにこんな感じでした。しばらくは小ネタ多めで書いていこうかな。

「『いいものはイイ!』と自信を持って言おう」

僕もだいぶ控えめにおすすめしてると思ってるので、背中押してもらった気分でした。そう。いいものはイイんだ!

「チャンスは書くことでしか生まれない」

これはすごく同意しちゃいました。実際ブログを書くことで、CSS Niteで発表させていただく機会が生まれたり、懇親会なんかで「Webデザインのタネのしばっちさんですねー」ってお声をかけていただくことも増えました。きっとブログを書かなかったら、どっちもありえなかったことだと思います。

まとめ

読み終えて、ブログってやっぱ書き続けることで価値が生まれるものだなっていうのを思い返しました。しばらくは小ネタ中心にまた頑張ってみよう。
僕のようにブログを2ヶ月以上更新してない人にはぜひ読んでもらいたい一冊です!