FirebugやChromeのデベロッパーツールのように、デザインビューから要素を選択して、適用されているスタイルがどのCSSの何行目に書いているのかをDreamweaverで確認できます。

DreamweaverでCSS スタイルパネルで右クリック→[コードに移動]をクリックすると、カーソルをコードビューで指定しているプロパティの前にジャンプできます。

最近は正しく表示されないデザインビューですが、囲っている要素を選択さえできれば、ブラウザに戻らずCSSの該当箇所へのジャンプができるようになります。

CSSを圧縮して改行を消しても、そのプロパティの前にジャンプできます。(ちょっと使い道がわかりませんけど…)

いちいちFirebugやChromeに戻るよりも早く編集に取りかかれます。お手軽なのでぜひお試しください。

追記

北角さんからFacebookで他の方法も教えてもらいました

ソース上のクラスやIDの上にカーソルをあわせて、Command+Option+クリック(WinならAlt+左クリック)でインジケーターを出し、リスト表示からジャンプする方法もありますよね。私はそっち派です。

その後改めて調べてみると、コードビューでもデザインビューでもAlt+クリック・Macの場合はcommand+Option+クリックで同じようにインジケーターが出ました。下のような感じで適用しているスタイルのセレクターがリストで表示されます。

「適用したつもりだけど、どこかで上書きされしまっている…」といったときに活用できそうですね。北角さん、ありがとうございます!