僕の中ではインストールしたときに一番最初にやる設定です。Dreamweaverではファイルパネル上で違うテキストエディタや画像編集ソフトで開くことができます。PHPやJavaScript、SCSSファイルのようにDreamweaverで作業するにはカッコの強調表示がないと辛いファイルも簡単に指定したエディタで開けるようになります。

一度設定すると、上のようにいつでも任意のエディタで開けるようになります。

他のエディタで開く設定

今回は例として、CSSの拡張子のファイルを他のエディタで簡単に開けるように進めていきます。Dreamweaverの環境設定から[ファイルタイプ/エディター]の中の、[拡張子]の上の[+]をクリックし、「.css」と入力して[Enter]キーを押して決定します。

そして、拡張子を選択している状態のまま、エディターの上の[+]をクリックしてエディタのプログラムファイルを指定します。

[OK]ボタンをクリックします。
ファイルパネルからCSSファイルを選択し右クリックをすると、[エディターを指定して開く]の中に環境設定で指定したエディターが表示されているので、クリックするとそのアプリで選択したファイルを開くことができるようになります。

まとめ

最近ではSCSSを使うので、カッコの強調表示がしやすい他のエディターで編集したいということもありますが、この設定をすると他のエディタとの連携が格段にしやすくなります。ぜひお試しください。